top of page

西荻カレーパン物語(6)

インザラフが、ガネーシャガルさんと一緒にはじめた西荻カレーパンの開発から3年。一歩先に進むため、新しいカレーパンの模索を続けてきました。


カレーパングランプリで金賞を受賞したカレーパンも、もちろん自信作。そこで、思考を変え、おいしいのはもちろん、お土産にもできるような、手軽に食べられるカレーパンを目指しました。


そして、ついにカレーパンが完成!

9月2日(土)、「新作カレーパンの試食会」を開催しました。


当日は、多くのお客様にご試食いただきました。ありがとうございました。


新作カレーパンは2種類。

・チャナマサラ(ひよこ豆)

・キーマ(鶏ひき肉)


「チャナマサラ」には、生姜を入れ、味のアクセントに。

「キーマ」は、半熟ゆで卵を入れ、生地には竹炭を使うことでインパクトのある仕上がりになりました。


大きく変わったのは生地。パン職人で、パンシェルジュの資格を持っている、ポップアップカフェ「はらぺこカフェ」店主・深町さんがスタッフに加わり、ふわっと軽いパンに仕上げました。サイズも小さくなり、丸くてかわいい形に。


試食されたお客様にも好評!アンケートには


「チャナが特においしかったです。フワフワなパンとクセになるカレーのコラボにやみつきになりました!」


「外側のさくさくと、中のパンのきめこまやかなしっとりが美味しかったです!ガネーシャガルさんも好きでよく行っているので思いがけずでした」


「キーマカレーの辛さは個性があって良いと思いました」


「キーマカレーがかなり辛めでおどろきました。一般のパン屋さんにあまりない辛さだと思いますので個性的でいいと思いました」


「ちょうど小腹がすいていたので、楽しませていただきました」


などなど、嬉しい声をたくさんいただきました。


今回、カレーパンを楽しみにしてくださっているお客さんも多くいらっしゃることを改めて実感。今後も定期的に販売していけるようにしていきたいと思っています。


西荻のみなさんに愛されるように、今後ともカレーパンをよろしくお願いいたします!






0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page