top of page

ポップアップカフェ営業中! 〜 cafe au sake「Blush」 〜

いつか自分のお店を開きたい

こだわりのメニューや食材を多くの人に紹介したい

人と人がつながる場を提供したい


インザラフのポップアップカフェは、さまざまな想いを持った店主たちが営業しています。


そんな店主たちの想いやこだわりをお伝えする「ポップアップカフェ営業中!」。


今回は、お菓子とお酒が楽しめる【cafe au sake「Blush」】をご紹介します。


店主は、お菓子を担当する小川さんと、お酒とおつまみを担当する関根さんのふたり。普段も同じカフェで働く、仕事仲間です。


左:小川さん 右:関根さん


小川:武蔵境にある公共施設、武蔵野プレイスの中にある「Cafe Fermata」で働いています。気が合うというか、ふたりともお店にいることがすごく多くて(笑)。


関根:一緒に過ごす時間が増えていって、気がついたら気兼ねなく一緒にいられる距離感になっていたという感じですね。私は「Blush」の前に、ひとりでポップアップをやったことが数回あります。料理を作りたいというよりは、集まれる場があるといいなという思いがあって、お酒をのみながらおしゃべりできるようなお店を開いていました。一方で、料理やお菓子を作りたい欲のある人をリスペクトしているので、そういう人と一緒にお店ができたら楽しいなとも思っていました。


小川:私はお菓子が作りたくて。カフェスタッフの飲み会の席でそんな話をしていたら、周りから「ふたりでやったらいいのに」って言われて、ノリと勢いみたいな感じで、やろうかって。


関根:普段のカフェ営業では、オペレーションに落とし込める、スタッフの誰がいつ作っても同じものを安定して提供できるオペレーションがとても大事です。そんな中、そうではないもの…今日はこれを作りたいとか、その場のセッションみたいにやりたいね、というのが「Blush」の始まりでした。いろんなタイミングも合って、やろうと思ったらふたりとも動くのが早いので、そのまますぐに動き始めたという感じです。



インザラフに決めたのは、数年前の出会いから。関根さんがひとりでポップアップを始めるお店探しをしていたときにインザラフを見つけ、見学にきたのがきっかけでした。


関根:お店の雰囲気は気に入っていたのですが、1人でお店を回すには店内が広くて、その時はやめたんです。今回ふたりでやることになって、やりたいことに場所や空気感、お店の設備や広さなど向いているんじゃないかなと思って、改めてふたりで見学にきました。


小川:キッチンも広くて、ふたりで分担してやるのにちょうどいいなと思って決めました。実際に始めてみて、すごく使いやすいです。




メニューも調理も「お菓子」と「お酒とおつまみ」、完全に分担しているそう。


小川:お菓子は、私がその時に本当に作りたいものを作っています。なので、毎回、同じものが出ないこともあります。素朴なものがいいなと思っているので、あまり飾らないようなお菓子を作っています。


関根:お酒は、自分でのんで美味しかったもの、みんなにのんでみてほしいもの、珍しくて気になるものなどを選んでいます。話のネタにと思って「国際唎酒師」の資格も取りました(笑)。ここで、いろいろなお酒と出会うきっかけになるといいなと思っています。おつまみはその時の思いつきが多いです。全体のバランスを考えたりはしますけど、基本的に即興的に作る感じですね。


店名の「Blush」には、食事やおしゃべりを楽しんでほしいという想いが込められています。


小川:「Blush」という言葉には、「赤面する」とか「恥ずかしくて真っ赤になる」という意味があるんですけど、わたしたち的には、「お酒を飲んでポッと赤くなる」とか、「楽しくてポッと赤くなる」とか、そういうニュアンスを込めています。


関根:美味しく食べたりのんだりすることでほっこりしたり、気分があがったり。そんな楽しい時間を過ごせてもらえたら嬉しいなと思っています。



お互いを尊重しながら、自分の好きなもの、作りたいもの、やりたいことを軽やかにこなしているように見える小川さんと関根さん。普段もカフェで働きながら、もうひとつのお店を開くことは、飽きることもなく、楽しいと言います。


小川:カフェで働いているので、自分たちでカフェを開くことへのハードルも全然なかったですね。普段は効率を考えて動くことが多いですけど、こっちではやりたいことをやっているので、考えることも全然違って、いい具合に頭のシフトチェンジもできているように思います。


関根:長く一緒に仕事をしているので、ある程度お互いに得意なことも把握していて、あえて相談しなくてもできることもあるし、やりやすい部分も多いです。私は以前ひとりでポップアップをやっていたこともあるので、その大変さもわかるし、気が合う人と一緒にやるのはすごくいいなと実感しています。ポップアップを始めたいけどひとりでできるか不安な人は、一緒にできる仲間を探してみるのもいいのかなと思います。


小川:これからも、自分たちがいいなと思う温度感でやっていきたいですね。


関根:そうだね。無理せず、楽しく続けていきたいね。


カフェにもいろんなカタチがあるのだと、おふたりの話を聞いて改めて気づきました。


カフェを始めたいけれど、自分がどんなお店をやりたいか悩んでいる方は、おふたりに話を聞きにいってみてはいかがですか?


========

ポップアップカフェ【cafe au sake「Blush」】

9月はお休み

10月の営業:

11(水)、25(水) 15:00〜22:00

@blush.cafeausake

instagram.com/blush.cafeausake/

0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page